2014年 受験情報

塾対象説明会

高校受験 塾対象説明会

江戸川学園取手高校 (H26.9.12実施)
●今年から一般入試を2回実施。
●試験内容は例年と大きな変化なし。入学試験の傾向と対策はこちら
●アドミッション受験者のみ面接(3~4人の集団面接)あり。
●医科コースの定員は30名(アドミッション含む)。
●入学納入金・学費は昨年と同額。
●医科・普通科ともに共通問題。
豊島岡女子高校 (H26.9.18実施)
●1/22推薦入試 推薦基準
1.第1志望で合格した場合、入学を確約できる。
2.3年次12月末までの欠席日数の合計が10日以内。
3.3年の5段階評定9教科 38以上、もしくは5教科21以上。9教科5段階評定に1・2が無い。
●推薦入試の優遇措置⇒一般入試を受験の際は、5点の加点。一般入試で繰り上げ合格候補者になった場合、優先的に合格者に繰り上がる。
●26年度推薦入試合格最低点 162/300(各教科での足切り点はなし)。
●26年度一般入試合格最低点 179/300。
●一般入試の繰上げ合格⇒入試の際にアンケートで私立・公立志望を調査。書類受け取りの際に、第1志望であるかを尋ねる。締め切り後に欠員が生じる可能性がある場合、第1志望もしくは、私立高校志望の方に連絡。公立高校志望者には、合格発表日の昼頃に連絡。
土浦日本大学高校 (H26.9.26実施)
●単願推薦SH(スーパーハイクラス第一志望)出願時に学力1種S特待のみの希望者は学力1種特待限定を志願することもできる。
●学力1種S特待については原則として3年間継続となる。
●学力1種特待は2年次以降、更新のための審査あり。例年6割程度が継続。
●合格区分とコース紹介はこちら
専修大松戸高校 (H26.9.26実施)
●同時出願の面接試験は、最初に受験した日に実施。
●加算点は、英検・漢検・数検の3級で+1点、準2級で+3点、2級で+7点(複数加算あり)。同時出願で複数回受験の場合、前期2回で両日とも+5点、後期まで3回で前期両日+5点・後期+7点。
●E類出願の場合は希望制でA類スライド合格あり(ボーダーはA類出願より若干高くなる)。
●特待生合格者の延納期限は、千葉県公立の前期発表まで(2/20)。
●英語リスニング試験は英検3級~準2級程度で約10分。
常総学院高校 (H26.9.29実施)
●併願合格者の延納期限は、受験した公立高校合格発表日の翌日まで。
●出題範囲
 英語・・・リスニング・英作文あり。
 国語・・・作文を出題。
 数学・・・三平方の定理は出題しない。
 理科・・・天体の「太陽と月」まで(大日本図書 単元5第3章まで)。
 社会・・・経済の「金融」まで(東京書籍 第4章3節まで)。
 ※茨城県県立高校入試の形態に準じて行われる。
●平成27年度より「学業特待B2」を新設(入学金のみ給付)。
●合格区分とコース紹介はこちら
つくば秀英高校 (H26.9.30実施)
●合格区分はS1種・S2種・S3種・S・A・B。
●「一般類型単願」では、指定した教科(下記1~6参照)を190点とし、他の教科を40点とする傾斜配点を行う。
1英語・国語 2英語・数学 3英語・社会 4英語・理科 5国語・社会 6数学・理科。
●個人結果表の配布、弱点補強問題集の配布あり。
●今年度より、「併願特待」(推薦特待と同等)を導入。
●合格区分とコース紹介はこちら
東洋大牛久高校 (H26.10.8実施)
●単願・併願・一般ともスライド合格あり。逆スライドはないが、高得点者には上位コースへのお勧め文書がもらえるので、変更も可。入学後のコース変更はない。
●特別進学コース奨学生の合格ライン目安260点。特別進学コースの合格ライン目安240点。

中学受験 塾対象説明会

江戸川学園取手中学校 (H26.9.12実施)
●第1回入試 26年度 合格者最低点311点。
●第2回入試 26年度 合格者最低点256点。
●第3回入試 26年度 合格者最低点243点。
●A特待 ⇒ 入試得点は8割程度。
●入学試験の傾向と対策はこちら
豊島岡女子中学校 (H26.9.18実施)
●第1回入試はサンデーショックの為、受験者が減るとの予想。入試当日に行う併願校アンケート調査などをもとに合格者数を調整するとのこと。(前サンデーショック、21年度の合格者数がベース→第1志望の生徒が増えるため、合格者数を減らす→倍率は上がると考えられる。)
●繰り上げ合格候補者(補欠)について ①合格発表と同時に発表。②複数回受験者を優先的に繰り上げる。
●26年度 第1回入試 合格最低点 206点。
●26年度 第2回入試 合格最低点 210点。
●26年度 第3回入試 合格最低点 233点。
専修大松戸中学校 (H26.9.26実施)
●複数回受験の場合、第3回目の合否に多少優遇がある。
●帰国生入試を第1回から第2回へ変更予定。
●中入生(X類型)と高入生(E・A・S類型)のクラスは別。
●中1・2の間に中学3年間分を修了、中3から高校内容へ入る。
●科目ごとの足切りはない。
常総学院中学校 (H26.9.29実施)
●専願基準 ①学術研究・芸術・スポーツ等の成果をあげた者。または、②入学を熱望する者。
●推薦・専願入試 国語・算数…各50分、100点(200点満点)。合格最低点 推薦91点、専願95点。学業特待生170点(85%)。
●第1回入試 国語・算数…50分、100点、理科・社会…30分、50点(300点満点)。合格最低点150点。特待合格点240点(80%)。
●第2回入試 国語・算数…50分、100点、理科・社会…30分、50点。延納手続きあり。合格最低点150点。特待合格点240点(80%)。
●試験内容は例年通りの出題。社会:地形図の問題は例年より量を減らす。漢字指定の問題を増やす。

茨城県立高校入試 最新情報(茨城県教育委員会HPより抜粋)

平成27年度茨城県立高等学校第1学年入学志願者数等(志願先変更前)が発表されました。(27.2.14)
平成27年度茨城県立入試の生徒募集定員が発表されました。(26.11.14)
平成27年度茨城県立入試の特色選抜実施概要一覧が発表されました。(26.9.29)
平成27年度茨城県立入試の細則が発表されました。(26.9.29)
県立高等学校 共通選抜 合格者の判定方法(26.7.23)
平成27年度茨城県立入試の要項が発表されました。(26.7.10)
平成27年度茨城県立入試の日程が発表されました。(26.5.27)
平成28年度茨城県立入試の日程が発表されました。(26.5.27)
平成27年度茨城県立入試の出題内容が発表されました。(26.4.7)
「いじめから子供を守ろう」

並木中等教育学校入試 最新情報(茨城県教育委員会HPより抜粋)

平成27年度茨城県立中学校及び茨城県立中等教育学校の入学者選抜受検者数等について発表されました。(27.1.13)
平成27年度並木中等入試の倍率が発表されました。(26.12.4)
平成27年度並木中等入試の細則が発表されました。(26.9.29)
平成27年度並木中等入試の要項が発表されました。(26.7.10)
平成27年度並木中等入試の日程が発表されました。(26.5.27)
平成28年度並木中等入試の日程が発表されました。(26.5.27)
平成27年度並木中等入試の出題内容が発表されました。(26.4.15)
平成26年度並木中等入試の倍率が発表されました。(25.12.5)
平成25年度並木中等入試の倍率が発表されました。(24.12.18)

Scroll Up